藤三旅館・別邸 鉛温泉 心の刻 十三月 | 露天風呂付き客室の宿

十三月について

コンセプトの異なる全14室、全てラグジュアリースイート

いにしえの時を刻む、鉛温泉。
伝承600有余年、
花巻の山懐に湧き出ずる名湯源泉かけ流しの湯、
伝説に彩られた白猿の湯、くつろぎの時、
心づくしのお料理開湯から紡いできた
おもてなしの心をそのままに、
新たな物語の幕が開きます。

源泉100%のかけ流し 露天風呂付き客室
洋と上質と和の洗練が融合した
NEO RYOKAN という新しいカタチ。
デッキテラスから感じる四季折々の自然と森の香り、
野鳥のさえずり、
豊沢川のせせらぎが身体と心の癒しとなります。
かけがえのない時を、かけがえのない人と
日常という時間と空間を超える新しいパラダイムが
ここ鉛の深い森とせせらぎのかなに誕生します。

美食と心づくしのおもてなし

お食事は、「日本料理」世界三大漁場の「三陸」、
その採れたての海の幸を毎日直送で仕入れます。
地物の山菜、きのこ、たけのこなど、
山の幸が豊富な花巻ならではの旬の素材を使った
お料理をご提供いたします。

日本の旅館ならではの温かみあるサービスと
プライバシーを重視したサービスの融合。
お客様ごとに、担当の客室係が、
きめ細かなおもてなしをいたします。

鉛温泉 心の刻 十三月なまりおんせん こころのとき じゅうさんがつ

花巻の山懐、湧き出ずる湯とおもてなしの心が、いま、新しい季節へといざなう。
十三月とは、はじめて出会う、これまでにない、という意味を込めた造語です。